ハッピーマジックの飲み方と副作用まとめ

『ハッピーマジック』の飲み方と副作用まとめ

ハッピーマジック


『ハッピーマジック』は、はちみつ風味で美味しく飲めて、水だけで美味しく作れるためダイエット効果も高いことで、いま話題の青汁です。ダイエットしたい!でも野菜はキライ。青汁は苦手・・ そんな方がもう一度再チャレンジできる青汁として注目されています。


ハッピーマジックは、「飲み続けられること」を第一の目標として開発された青汁です。とにかく飲み続けてもらわなければ、ダイエット効果も得られない、その最初の一歩を踏み出せるように味付けされています。


ハッピーマジックは、ダイエットのとき食事の置き換え用に飲まれることを最初から想定しています。水だけで作って美味しく飲めることにこだわり、1杯あたり11.4kcalという低カロリーを実現。もちろん青汁として高い栄養価も実現しています。


ハッピーマジックを買おうかどうか迷っているけど、水だけでほんとに美味しくつくれるの?飲み過ぎて悪影響が出ることは無いの?とか、いろいろ気になってしまう人もいると思います。『ハッピーマジック』の飲み方と副作用をまとめてみました。


>>公式サイトはこちらから<<

『ハッピーマジック』の飲み方

ハッピーマジックは、水だけで美味しくつくれることが特徴。水だけでつくったときのカロリーは、11.4kcalという低カロリーを実現しています。


青汁は、そのままでは美味しく飲むことが出来ない商品が圧倒的に多いため、牛乳で割る、ヨーグルトで割る、というのを普通の状態と考えてしまっている人もいると思います。まずココから考えを変えて、「水だけでつくる」ようにしましょう。


そうは言っても時々は違う味も試したい!ということもありますよね。そういうときのために、ハッピーマジックは、赤・白2タイプの味付けのものを用意しています。赤ハッピーマジックが抹茶風味、白ハッピーマジックがジュース感覚のものという味付けになっています。


最初はどちらか、自分の好みに近い方を買って、飲み続けられる!と確信した時点で、もう一つの味の方を揃えてしまうのが良いと思います。赤ハッピーマジック・白ハッピーマジック、どちらを選んでも、違いはほぼ味付けだけで、カロリー量も栄養成分も同じです。

『ハッピーマジック』の副作用

ハッピーマジックを飲むひとは、ダイエットのために食事の置き換え用として飲む、という人がほとんどだと思います。ハッピーマジックは、1杯あたり11.4kcalというとても低カロリーになっているので、ダイエットにはとても効果がありますが、大きく2つ注意点があります。


(注意点1)適度な運動を行った方が良い

ハッピーマジックは1杯あたり11.4kcalですから、ハッピーマジックを食事の置き換え用として飲むと、カロリー消費としては、事実上1食を抜いた状態と同じになります。摂取するカロリーが低下することで起こりがちなのが、基礎代謝の低下です。


とくに筋肉が分解されてしまうと、全体として体重は減るけれど、脂肪が燃えにくい身体になってしまいます。ダイエットを継続しつつ、筋肉は出来るだけ守るために、適度な運動は行った方が良いです。


(注意点2)腎臓に疾患を持っているひとは飲まない方が良い

ハッピーマジックは、国産の桑の葉を主な原料のひとつとしています。桑の葉には、多くのカリウムが含まれることで知られています。カリウムは、細胞内液の浸透圧が一定に保たれるように調節する大切な役割を担っていて、筋肉をはじめ身体全体の機能を維持するのに不可欠なものです。


健康な人の場合は、むしろカリウムが不足しないように気を付けるべきなのですが、腎臓疾患などを持っている場合は、カリウムを調整する機能が低下していて、うまく体外に排出できず、過剰摂取となってしまう場合があります。腎臓に疾患を持っているひとは、ハッピーマジックを飲まない方が良いでしょう。